スタッフブログ

暑い毎日が続きますが、皆様いかがお過ごしですか?

私は先日、子供(小1)の夏休みの宿題の参考に。。。と思い、豊岡市で開催された『青少年のための科学の祭典』に参加してきました 😀

科学”と聞いただけで親子共々理解できるかなぁ??と不安もありましたが、妹家族と一緒に豊岡へGO!

行ってまず、会場の熱気にびっくり!

40以上ものブースがあって、それぞれ中学生・高校生が主となって小学生に教えてくれるのです。

どのブースも面白そうな内容ばかりで迷いましたが、まず、息子が真っ先の向かったのが

 『リニアモーターとは。。。』

 

 

 

 

 

『こんなんわかるんか??』と親は思うが、子供は真剣に高校生の説明を聞いていました。

2歳の弟も横で真剣に?聞いてます :mrgreen:

 

 

 

 

 

続いていったのが『光通信とは。。』のブース。これまた難しそやん!と親は思うが、子供は真剣!

2台のラジカセを使って、光通信の説明をしてくれる高校生。目の前で、片方のラジカセから、もう片方のコンセントにつながれていないラジカセに音楽が流れる瞬間を見て、小学1年生も何となく光通信のことが解ったみたい。。。

 

次は体験型のブースで、あるものを作りました 😀  

 洗濯のりと絵の具を用意。まぜ合せます。

 そこに塩を投入

 まぜます。

ここで何ができるか解った方はスゴイ!

 混ぜ合わせたものをまるめます。

 できあがり!

これ、スーパーボールになるんです!この時点では、まだ弾みませんが、翌日、かたくなると弾むようになるのです。

こんな身近な材料で出来るのですね☆

他にも、『マイナス196℃の世界を体験しよう!』とか『人口イクラをつくろう!』『遺伝子DNAをとりだしてみよう!』とか気になるブースがいっぱい。

猛暑日の中、2歳児を連れてのブースめぐりは大変でしたが年もまた来よう♪』と思いました 😀

 

PS.残念ながら 🙁 我が家は親の力不足で夏休みの課題に生かすことは出来ませんでしたが、小5と小3の姪っ子は模造紙いっぱいの自由研究を仕上げることが出来たようです 😀 素晴らしいっ!!


※コメントは当サイトの管理者が承認した後に他のユーザーにも公開されます。

ページの先頭へ