スタッフブログ

和田山店 Mです。

動物も植物も、森のすべての生き物は、その土地の生態系を構成する何らかの役割を果たしています。

生物社会のバランスを担う虫たちの中でも、人間にとって都合の悪い虫は「害虫」と呼ばれます。いわば人間の都合主義から生まれた害虫という言い回しですが、あえて定義づけると、2つに当てはまる虫を示します。

①庭木を食害したり、ダメージを与えたりする虫

②人間を刺したり噛んだりして、痛みやかゆみを与える虫

ほかに、「不快だ」とか、「気持ち悪い」とかという理由で駆除の対象にされてしまう虫は、不快害虫と呼ばれることもあります。また一方で、害虫を食べてくれる虫は益虫とよばれますが、その益虫も場合によっては不快害虫として駆除されてしまうこともあります。

●ダンゴムシ:落ち葉を食べて分解して土にしてくれる益虫だが、人によっては不快害虫とされてしまう。

●テントウムシ:アブラムシやカイガラムシ、うどんこ病菌などを食べて掃除してくれる益虫

●ジョロウグモ:天然の防虫網でヤブカなどを捕獲してくれ、人には全く危害を加えないのに、不快害虫として嫌われてしまう。


※コメントは当サイトの管理者が承認した後に他のユーザーにも公開されます。

ページの先頭へ